重度のうつ病を克服する方法【入院治療を考えることも大事】

重度タイプの特色

看護師

治りにくいケースも

うつ病にはいろいろなタイプがありますが、比較的軽症で長引きやすい非定型タイプもあります。近年、増加傾向にあるタイプの一つで、楽しいことや好ましいことがあると、躁状態まではいかないまでも元気になります。病気との区別が難しいタイプで、どちらかというと人間関係に難がある人が多いです。こうした軽症うつと違い、重症のうつ病なのが、メランコリアを伴ううつ病です。抑うつエピソードの、最も重症な時期によくみられます。ほとんど全ての活動に喜びを感じられず、一時的に気分が良くなることもありません。このタイプは、軽症時点ではほとんどみられず、多くは入院を必要とする重度です。また、さらに悪化して精神病性タイプになることもあります。これは、妄想や幻覚を伴うもので、いるはずのない動物や人が見えるのが特徴です。周囲の人からいじめられていると感じたり、目に見えない力が自分を迫害しているといった妄想を抱いたりすることもあります。このタイプもまた、重症タイプに含まれるため、入院治療が必要になります。うつ病の中には、治りにくいものもあります。薬物治療や精神療法を行い、休養も十分にとっているにも関わらず、症状が改善しないケースは、難治性うつ病の可能性があります。難治性と診断されても双極性障害や統合失調症だったというケースも多いです。ただし、薬に抵抗性のある重症のケースもあるので、再度診断を見直すことが大事です。仮に、薬物治療に抵抗性のある重症例の場合には、入院治療を考えることも大事です。その場合、薬物療法や精神療法でなく、通電療法など身体療法を試みる必要があり、これらはほとんどが入院が必要になります。通電療法は、脳に電気的な刺激を与えることで、脳の神経細胞を活性化して、精神症状を改善する療法です。現在行われている通電療法はけいれんを起こすことなく、安全に行えるように筋弛緩薬を用いています。治療を行うと、症状がすぐに緩和することがほとんどです。ほかにも、磁気療法や光療法、段眠療法など、通常のうつ病治療とは異なるアプローチを行い改善を目指します。

医者

年齢は関係ない病気

うつ病は誰にでも起こりうる国民病といえます。その為、早期の発見治療が行える様に日頃からうつ病に対する知識を深める事と備えが重要です。専門家に相談する事や、入院加療に備えて就業不能保険等も検討する事をお勧めします。

詳しく見る

男性

自分を抑えられないなら

うつ病のせいで、自分で自分に危害を加えてしまいそうな状況なら、入院して病気の治療を行いましょう。その場合は、専門のカリキュラムがある医療移設に入院すれば、回復が早くなるので探してみることをおすすめします。

詳しく見る

カウンセリング

症状回復の道を探すには

うつ病で入院するとなると、嫌がる人もいるようです。心の病気と割り切ることが出来ず、悩む人も多くいます、しかし入院することが、症状回復の早道になること間違いありません。そこには家族の協力も必要になります。

詳しく見る

女性

心の健康を取り戻すために

うつ病で入院先を選ぶ場合は、できるだけ多くの病院を比較検討したほうが良いでしょう。薬物による治療が嫌だという方にも、TMSなど薬を使わない治療法もあります。自分に合った方法で、心の健康を取り戻しましょう。

詳しく見る

聴診器

1日あたりの費用相場は

衰弱が著しいなど、自宅での療養が困難な時はうつ病でも入院が必要になりますが、1日あたりの費用は概ね1万円から1万5千円程度が目安です。うつ病で入院している患者と接する場合、入院先の面会時間を守るのが最低限のルールとなります。

詳しく見る

Copyright© 2018 重度のうつ病を克服する方法【入院治療を考えることも大事】 All Rights Reserved.