重度のうつ病を克服する方法【入院治療を考えることも大事】

年齢は関係ない病気

医者

意外と知らない基礎知識

うつ病は現代人の多くが罹患する確率が高いと言われている国民病です。うつ病の発生要因や機序はまだ解明されていませんが、ストレスや脳の伝達物質の変化、体質が影響すると考えられています。特に心因性のストレスは仕事や家庭での悩みが原因となり易く、個人で抱え込む方が多いのが現状です。精神的に不安定な状態が続くと、不眠や食欲の低下、意欲の減退が生じ、日常生活の遂行が難しくなり、入院加療が必要になる事もあります。健康な状態では正常に働いている脳内伝達物質に異変が生じる事が関係している事が最近の研究で明らかになりました。脳の神経伝達物質の供給不足がうつ病の主な症状を引き起こす事が分かってからは、それらの物質の供給を増やしたり、より強固に神経物質が伝わるようにしたりする薬物療法が重要な役割を占めています。精神科等の病院を受診する事に抵抗感を持つ方もいますが、早期発見治療が何よりも最優先課題です。初回のカウンセリング等を通して、必要に応じた薬物治療が行われるので、状態によっては薬を処方しない場合も多くあります。体を休める事を最優先し、一時的に入院加療を行う事もありますが、まずは医師やカウンセラーとの相談が大切です。うつ病により、入院加療が必要になった時に多くの方が収入が無くなる事が懸念材料となります。その為、無理をしてしまい、より病状が悪化するという事態を招く事もあります。そうならない様にする為にも、入院中にも所得が保証される保険等に加入する事が必要です。最近では、所得保障保険や就業不能保険と呼ばれる生活費を保険で補える物も増えているので、安心して治療に専念できます。また、入院が必要になった原因が会社の仕事内容や人間関係に原因がある場合は会社からの補償を受ける事も可能です。現代人の多くが罹患する可能性があるうつ病ですので、会社側と協議し、適切な処置を相談しましょう。お住いの市区町村等でも相談コーナーが併設されているので、そちらで手順などを学ぶ事もお勧めです。また、大人だけでなく幼い子供でもうつ病に罹患する事があります。大人と違い子供の場合は言葉よりも態度や行動に出やすいのが特徴です。学校や塾、時には家庭でのストレスが発症の原因になる事があり、早期の発見が遅れやすいともいえます。大人も子供もうつ病に関する正しい知識を定期的に学び、お互いに早期に発見する取り組みが重要といえます。

Copyright© 2018 重度のうつ病を克服する方法【入院治療を考えることも大事】 All Rights Reserved.